c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
前の投稿 / 前のコメント
r
返信
e
編集
o
コメントを表示する / 隠す
t
トップへ
esc
キャンセル

会社を守る

地震や火事、津波など日本という国は様々な自然災害のリスクを持った国でもある。
海外に比べて、地震の発生率は非常に高く大きな災害が起きた場合には大問題が発生する可能性は十分にある。
企業を運営する中で、ネットワークの切断や停電など一見被害が少ないように見えても、損害が大きくなってしまう可能性は少なくない。
そこで、こうした自然災害やテロや事故などから企業を守るリスク回避を考えることをBCPという。

重要なデータをネット上に保存するクラウド技術や、堅牢で高い自然災害への対抗力を持つデータセンターなど、近年注目が集まってきている。
データを失う事で事業に支障がでれば、災害自体の影響が少なくとも、後々には大きな問題となる可能性があるためだ。
そのため、データセンターのサーバー内にVPSを構築することで、重要なデータを守ろうという企業が増えている。

VPSとは低コストでレンタルできる専用サーバーと言えば分かりやすいかもしれない。
実際にはデータセンターにあるサーバーの中に仮想サーバーを構築するというのがVPSの事であるが、性能面では物理サーバーと遜色がないと言われている。
常に安定した環境であるデータセンターの中のVPSは、自社でサーバーを準備するよりもはるかに低コストである。
そのため、多くの企業がもしもの事を考えて、クラウド上にデータを保存したり、データセンターのサーバーを利用する事になった。

自然災害に備えて低コストで利用できるVPSについての知識を得ることで、BPCを意識した会社を作ることが可能になるだろう。

イチ押しリンク

VPSなら業務をクラウド化して貴方のニーズに答えてくれますよ「NTTスマートコネクト」